隠さない家作り

建築デザイナーと創る原価の見える家造り

当社がすすめる「原価が見える家づくり」とは

  • 原価と利益を施主に明確に表示すること
  • 施主に代わって適正価格を交渉し、コストを下げられること
  • 最初の見積りと最終見積りの差額がでた場合は、施主にキャッシュバックできること
  • 業者に発注する金額がわかること
  • 専門業者の枠にとらわれず施主が工事のお願いができること

マイホームを建てるにあたり、間取りや外観を決めることと同じように「見積り」も決めることができるとしたら素晴しいと思いませんか?それは自分で納得しながら工事の内容を決められるということ。そして実際の工事をする専門業者に、あなた自身が発注という形で工事を依頼すれば、いままでわからなかった工事価格が透明になるのです

マイホーム作りは誰でもない「あなた自身が主役」なのです。
私達はそんなあなたの家づくりのお手伝いをしたいと考えています。

これは日本の常識にはない「非常識な住宅見積り」いわば「発注原価住宅」その方法こそ「世界の常識」なのです。

本当の「住宅価格」が見えない理由とは?

2極化する住宅取得スタイル
個性的なこだわりの住宅か、大手メーカーのプラン化された住宅か、住宅を求める人の2極化がすすんでいます。どちらを選ぶにしても「本当の住宅価格がどうなっているかわからない」という不安を感じませんか?
ローコスト住宅の秘密?
注文住宅の対極であるローコスト住宅は、見えない部分の工事費は安くして、「フル装備」という目に見える設備に費用を回します。また人件費を抑えるために手間を省きます。
注文住宅の価格は高い?
注文住宅は「家族の夢をかなえる」ために「手間をかける」、そして実際に「手間がかかる」…人件費のかけ方がまったく違っています。
聞いてはいけない「坪単価」
あなたの夢を具体的に設計することからスタートする注文住宅では、それぞれ外観デザインや大きさもまったく違う建物です。したがって「平均の坪単価」など、建築する場合の参考にはなりません。
「家の見積り」ってなんで必要なの?
「あなたとかけがいのない家族」のために愛着を持ち続けることのできる家づくりのために、はじめから 家の見積りの仕組みを理解し、見積り作りに参加してみてはどうでしょうか。
粉飾見積り?
注文住宅の正しい見積り表示は、「工事費・設計料・現場監督費」は家を建てるための工事原価で、「経費(利益)」は会社の粗利益で表示されます。このように「経費」の表示がない場合、または少なすぎる場合はその他の項目に利益が分散された「粉飾見積り」です。
「一式見積り」ってナニ?
何の根拠もない「概算見積り」は意味がありません。評価見積りが提示されない「一式見積り」は「金額をもっともらしく出した」ドンブリ勘定です。
詳細見積りは「本当の価格」?
詳細見積りには「部掛け」といって本当の見積り価格を隠す仕組みになっています。ただ、部屋別ではなく業種別の見積りになっている場合は、知人や近所の専門業者に価格を照会することができますね。
一般的な見積りの基礎知識
建築に必要な費用は本体工事以外、解体、外部給排水工事、照明やカーテン、空調、さらにはローンや登記、引越しの費用など多岐にわたりますが、一般的に建物の価格の見積りとは本体工事費のことです。普通、見積もりは、業者別か部位別の積算になっていますが、「材料」「手間」「材工」などの分類で数量と個別単価が表示されます。
値引きに隠された本音
大手メーカーの営業マンは、あなたの期待以上の「夢がいっぱい詰まった憧れのマイホーム」の完成図と、素晴らしい設備や内装の写真が貼ってある見事な「プレゼンテーション」を見せて、「予算オーバーは任せて下さい」と言って値引きに応じます。 その値引き分は?そもそも値引き後が本来妥当な価格であったり、契約後の追加変更工事で失われた利益が確保されたり、下請け業者が大幅にたたかれたりします。
建築業は重層構造
建て主→大手メーカー→指定工務店(下請け)→専門工事業者(孫下請け)と仕事が流れます。あなたが現場で目にする孫下請けの職人さんに、あなたが気づいたことを話しても聞いてもらえません。孫下請けは下請けから仕事を貰っているわけですから。孫下請けの業者はあなたがこの仕事にいくら払っているのかも判りません。あなたと実際施工している職人さんの距離は遠いのが現実です。
発注価格は「企業秘密」
専門業者の工事金額の合計(発注総額)に設計料、現場監督費を加えたものが「本当の住宅価格」です。これは一般に「施主であるあなたには絶対知られたくない」企業秘密です。あなたが契約した詳細見積りとは別の見積り(実行予算見積り)があります。建設業者はこれをベースにより安い金額で専門業者に発注して利益を出します。あなたが新築した夢のマイホームが、本当は幾らかかったのか「ブラックボックスの中のまま」となります。
下請け専門業者は泣いている
大手メーカーやローコスト住宅は結局、下請け専門業者を「泣かせる」ことによって大幅な利益を出しています。下請け業者は見えないところに手間をかけていられなくなります。少なくとも「丁寧につくろう」という発想や行動が出て来るわけがありません。
いま、住宅は…
家はつくっておしまいではなく、家族の成長とともに変わってゆきます。自分たちの生活スタイルを実現するために住宅はあります。現在、住宅にこだわる方が増えています。人生最高の買物であり、かけがえのない家族を守り育てる大切な家だからこそ、本当の価格を知る必要があります。
「標準仕様」からみえるもの
設計から始める注文住宅には本来標準仕様がありません。業者に支払う価格を「安くする」のも「高くする」のもあなた自身が決めることです。見積りは建築会社との信頼関係を構築する意味で重要な役割があります。予算を工夫して有効に使い、一つ一つ納得した上で金額を決め、発注すれば良いのです。

住宅原価、適正価格、粉飾見積りなど、住宅価格の謎にせまる健康住宅専門の設計・建築会社

【FAX】049-241-8108 【営業時間】9:00〜19:00 【定休日】火曜、水曜

メールでのお問い合わせはこちらから