本当の価格事例

発注差額の使い方

追加発注書・見積もり

発注差額の使い方

▼詳細
発注差益を使って、本当はやりたかったことを・・・
最近こんな要望をするお客様が多くなりました。
当初設定した金額よりも安く収まるとわかり、「もつとより良い住まいにできる工夫があるのなら提案してください」と言われるのです。
外断熱はしたけど、パートナーさんの言うW断熱はあきらめていた。
もし今から予算の範囲でできるのなら・・・・
デザイン的に和風の引き戸をつけたいけれど高気密・高断熱にならないから・・・あきらめていたのですが、何とかなりませんか。
発注が終わり予算が見えてくるのは、まだまだ工事にしかかったばかりの前半です。
だから、多くの場合現場における追加工事として、施工することが可能です。
ただし原則は、あくまでも当初設定した予算の範囲であることが条件となります。

住宅原価、適正価格、粉飾見積りなど、住宅価格の謎にせまる健康住宅専門の設計・建築会社

【FAX】049-241-8108 【営業時間】9:00〜19:00 【定休日】火曜、水曜

メールでのお問い合わせはこちらから